肘、膝、足首などの痛みがあるとき、サポーターを使う人は多いのではないでしょうか。痛みを軽減させる目的で使ったり、予防のために私用したりすることが主な目的でしょう。そのとき満足できる効果を感じた人もおられるでしょうか、あまり効果を感じないという人もおられます。関節の負担を軽減するためにサポーターは役立ちますが、痛みを治すという考えからすると効果はほとんどありません。

スポーツをしている人は専用の効果はものを使う人もおられますが、部分的なものより体全体を考えてみることをおすすめします。膝や肘、足首だけでなく腰や肩の痛みをうったえる人がおられますが、特別な故障がない限り、普段の姿勢の悪さや悪い癖が問題になっていて、そこを修正することができれば関節の負担が取れ楽になります。猫背の人はそれを矯正するサポーターを使うことで全身の歪みがなくなり、関節の痛みが軽減されます。O脚の人は、それを正すことができるサポーターを使うと膝や足首が楽になります。

マラソンブームで毎日のように走っている人がおられます。楽しく走るには痛みは大敵です。全身のバランスを良くすることで楽に走ることができるので、関節の負担を軽減し怪我の予防に繋がり、疲労しにくいので長く走れたり、翌日の疲れを軽減できます。仕事や家事など日常生活で肩や腰が痛くなる人にもおすすめです。

機能性サポーターは魅力的なものが多いので、少し高価に感じるかもしれませんが、それ以上に役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です