サポーターとは身体の各部の動きをサポートする器具です。その種類と機能などについて解説していきます。サポーターには登山などの運動時において体を痛めてしまうことを予防したり、疲労を軽減し体力を持続させる機能があります。また、それとは別にすでに痛めてしまっている体の動きを補助したり姿勢を矯正する機能があります。

そういったサポーターの機能はそれを構成する繊維の圧迫や部位ごとに最適な伸縮性と支持性で実現しており、筋肉の負担を減らしています。サポーターは体の各部位にそれぞれ着用するものや、タイツのように脚などを全体的に覆うものがあり、それらにはライニング的な繊維が編み込まれています。その繊維が収縮して筋肉の動きを補助します。また、圧迫によっても筋肉は補助されます。

その圧迫具合は表記上のサイズだけでは目的ごとに最適であるかは人それぞれであるためわかりにくく、実際に着用して確かめるほうが無難です。身体的にはMサイズでもSサイズの方が目的に合っている場合もあります。サポーターは身体の老化によって日常生活における支障が出ている場合においてもとても効果的で、今までの普段通り生活を送るために役立ちます。ろくに歩けないといった場合も着用することで長距離の歩行が可能になることがあります。

その機能性ゆえに病院で勧められるケースもあります。腰の曲がりなどを矯正するものもあり、普段の曲がりがちな姿勢を元通りにすることができます。運動補助、生活補助、姿勢矯正などの各目的で活用される器具です。スポーツ栄養学のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です