年齢を重ねるにつれて心配となる膝や腰の痛み。痛みが続くと外出することが億劫となり、筋肉量の低下にもつながりかねません。このような悩みに対してサポーターを利用する方が増加傾向にあります。特に膝用サポーターの利用は人気があります。

膝用サポーターを着用することで得られる効果は、膝関節の安定化と負担軽減です。関節の中でもかなり負担がかかる部位であり、痛めやすい部位であることも知られていますので、負担を軽減することは、世代を問わず重要であることは認識しておく必要があります。現在では、様々な素材や形状のものが販売されています。形状の代表的なものとして、ベルト型のものがあります。

これはひざに巻き付けるタイプのもので、ひざの皿の上部と下部で固定したり、数か所で固定するなど固定方法もさまざまです。筒型のものは、脚からサポーターを入れてひざまで上げることで簡単に装着できます。ずれ落ちないような工夫がなされているものが多いです。サポーターには負担軽減だけでなく、保温効果もあります。

保温することで血行を促進し、体の代謝を高めることにもつながります。毛糸やヒートファイバーといった素材のものが保温効果が高いことで知られています。全般的な注意点としては、アレルギー体質の人にとっては、素材が化繊等である場合、症状の悪化を引き起こす可能性があるため、使用しないようにすべきです。普段の生活のクオリティを上げるためにも正しく活用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です