関節等に何の不安もなく運動ができる人は問題ないですが、古傷があったり少し気になる箇所がある時、サポーターがあると便利です。膝や肘、足首などが特に適した箇所ですが、しているのとしていないのとでは安心感が全く違います。まず保温効果で関節が温められ、怪我の予防に最適です。また、適度に引き締めてくれる効果も顕著なので、運動をするときに筋肉や関節を正しい位置に導いてくれる働きもあります。

関節にただ巻きついているというだけではなく、ショックを吸収する役割を持つものも多いです。例えばバレーボールやバスケットボールでよく使用されているクッション素材入りのサポーターだと、ぶつけたときの痛みを大きく緩和してくれます。バレーボールだとレシーブをする時などに床に肘や膝をぶつけることがしばしばです。その時に守ってくれる部分があることで、痛みをあまり感じずにプレイに集中することができます。

バスケットボールでは、相手選手との接触が避けられず、特にゴール下などはボールを激しく取り合うため守ってくれるサポーターがあれば安心です。サポーターをしていることによる精神的な安心感も大きな効果を生みます。過去に怪我をした経験があると、知らず知らずにその部分を守る心理が働いてしまい、十分なパフォーマンスを発揮できない可能性が出てきます。きちんと保護しているという意識があるだけでも、集中力には違いが出るのが通常です。

安価で購入できるものもたくさん販売されているので、不安を抱えている人は試してみるのも良い手段です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です