持久スポーツは、ある程度の運動を長時間継続するスポーツのことで、マラソンや遠泳などがこれに該当します。またスキーやスノーボードなどもその時間が長くなると、持久力が必要なスポーツとなっています。これらを行う場合には通常の運動とは異なるエネルギーが必要になるため、その要素と構造を十分に理解しておくことが効果的に行う上で重要なポイントとなります。持久スポーツを行うためのエネルギーは、特に骨格筋のグリコーゲンがその能力を決める重要な要素となっています。

そのためあらかじめこれらの運動を行うと分かっている際には、筋グリコーゲンの消費に耐えるような工夫をあらかじめ行っておくことが重要です。その準備には大きく分けて2つの方法があり、食事の摂取の方法を工夫して直前に蓄えるようにする方法と、運動を行ってもその消費量を減らすように制御すると言う方法があります。そのためにはその構造を知っておかなければなりません。持久スポーツを行う際には、事前の準備を確実に行うことが必要です。

一般の運動のようにカロリーを消費して筋肉を動かすと言うだけでは、持久力を維持することができないため、事前に食事法を工夫したり、また緩やかなトレーニングを行うことでその消費の方法を体に覚え込ませておくことが重要です。持久スポーツを行う人の多くが基礎トレーニングの時間を大切にしているのはそのためで、単に筋力を鍛えるだけではなく、エネルギー消費のプロセスを制御していると言う意味があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です