子供の頃は、外で遊ばせることや学校に通うようになれば体育の授業、部活動など運動をする機会があります。ですが、大人になってからは社会に出て働くことになり走ったりするようなこともめったにない人が大半です。自主的にスポーツをする、定期的なトレーニングを日課としているならば別ですが、運動を積極的にしないという方は徐々に筋力や持久力などが低下しがちです。持久スポーツを行うことで、筋力や持久力の維持に役立ちます。

持久スポーツには、マラソンやジョギング、その他にも自転車や水泳といったスポーツがあります。定期的に持久スポーツを行うことで、徐々に持久力を取り戻すこともできるでしょう。ただし、最初から激しい、長時間運動を行うと体力や筋力が低下している状態のためかなり体に対して負担がかかります。最初は少し軽めな運動量に抑えることも必要です。

手始めにジョギングから始めてみるといいでしょう。ジョギングは、適度な運動としては適しています。ある程度ジョギングをすれば汗もかき代謝機能にもいい影響を与えます。ジョギングで体が慣れてきたらランニングに切り替えてみてもいいでしょう。

走るのが飽きるという場合には、自転車でそれなりに長距離を走る、休日などに水泳をしてみるなど自分にあったスポーツを見つけることも大切です。持久力が低下すると、日常生活でちょっと走ったり階段をのぼっただけで息切れがするといった状況になりがちです。できるだけ持久力を維持するためにも、持久スポーツを生活に取り入れていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です