トライアスロンは1974年にアメリカで生まれた競技です。水泳と自転車、それにランニングという3種類の種目が組み合わさってできています。2000年からはオリンピックの競技にもなりました。スイムやバイク、ランニングをするトライアスロンは、競技時間が長いのが特徴です。

また3つの種目の練習をしておく必要もあります。そのため過酷なスポーツであるというイメージを持たれることが多いです。トライアスロンは距離によって様々な種類のものがあります、中でもスタンダードディスタンスと呼ばれるものは、水泳が1.5キロに自転車が40キロ、そしてランニングが10キロとなっています。最も距離が長いロングディスタンスと呼ばれるものとなると、水泳が1キロから4キロに自転車が100キロから200キロ、さらにランニングが10キロから42.2キロにもなることがあります。

そのような時間や距離の長いトライアスロンという競技は、完走すれば大きな達成感があるという点が魅力です。加えて全員にゴールテープが用意されるのも達成感が得られるところといえます。またトライアスロンは国内外の様々な地域で大会がおこなわれているのが特徴です。さらに水泳が可能なところで開催されるという特徴もあります。

そのようなことから、旅行に出かけるような気分で各地の大会に出場できるというのも魅力です。初めて訪れる地域での滞在を楽しみながら、大会にも参加をして練習の成果を発揮することができます。トライアスロンのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です