スポーツには様々な種類がありますが、その中の1つ過酷なスポーツの1つとしてトライアスロンがあります。トライアスロンは水泳の他に自転車走行やフルマラソンを行う必要があり、スタミナ面や技術面も求められるスポーツの1つです。初めて挑戦するとなるとしっかり準備も必要となりますが、いきなりフルコースに挑戦するのではなく1つずつ練習する事がポイントです。トライアスロンの1つとして水泳がありますが、まずは水に慣れる事から始めるようにします。

水泳をした事がない人であれば、水の中で歩いたり浮いたりと、水に慣れて徐々に泳ぐ練習をする事が重要です。徐々に泳ぐ練習に移行して、最終的にはクロールが泳げるように練習する事がポイントとなります。次に自転車走行ですが、通常の自転車とは異なるので乗車姿勢の他に操作方法をマスターする事から始めるようにします。基本操作の他にパンク修理なども技術として求められるので、専門的な知識を得るために学ぶ事が重要です。

特殊な自転車だからこそペダルの踏み方を学びながら、乗る事に慣れてきたらロング距離の走行練習に移るようにします。最後のマラソンになりますが、いきなり長距離を走ろうと思ってもスタミナもなく負担だけが大きくなります。最初は歩く事から初めていき、身体が走る事に慣れるように段階を変えて練習する事がポイントの1つです。徐々に走る距離を伸ばしていくことで自然とスタミナも付くので、最終的に長距離マラソンも可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です