トライアスロンは水泳と自転車、そしてマラソンが1つになった競技であると考えている人は少なくありません。そのため、そのすべての競技において速い選手が有利であると思われがちです。しかし実際にはこのような選手はあまり勝つことができず、それぞれの種目では決して極端に速くはなくても、トライアスロンでは速いと言う選手が多いものです。その理由は、トライアスロンのルールにあります。

トライアスロンの見所はそれぞれの種目のレースにあることは間違いありません。水泳と自転車、及びマラソンが行われるのでそれぞれの種目でタイムの速い選手が非常に有利となりますが、その他にトランジションと呼ばれるポイントが重要な意味を持ちます。これは水泳からバイクに乗り換える際にその準備をするための時間のことで、これをいかにスムーズに短い時間で行うかが非常に重要なポイントとなっています。最初の競技である水泳をトップでゴールしても、様々な理由でトランジションをスムーズに行うことに失敗した場合には、これがタイムに加算されてしまうため全体のレースで不利になります。

しかしトランジションをスムーズに行おうとするとそれなりの体力が必要になるため、その前の競技で体力を温存することが非常に重要なポイントとなっています。トライアスロンを見る際にはそれぞれの競技の着順だけではなく、その変わり目も十分に注意してみると、それぞれの選手の駆け引きを知ることができ非常に楽しめるものとなっているのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です