ドクタヘリとはなにか

ドクタヘリとは、救急医療用のヘリコプターです。

医療機器を装備していて、医師や看護婦が同乗して事故現場に向かい、現場から病院に搬送することが出来ます。搬送中もどくたヘリ内で緊急治療することも出来ます。
ヘリコプター救急と呼ばれることもあります。


ドクタヘリは救急車と違って、患者を病院に搬送するだけではなく、医療スタッフを現場にいち早く送り込むことも重要や役割です。

ドクタヘリの評判が高いです。

このことによって、治療開始を早めることが出来るので、重体の患者の命を助けたり、完治するまでの期間を短縮することも繋がります。



従来の地上救急に比べると救命率は3割上がり、完治してから社会復帰出来た患者は1.5倍に達したというデータもあります。

ドクタヘリと救急車には他にも色々な違いがあります。
まず、救急車に乗務しているのは救急救命士です。


救急救命士は搬送中に患者に、救急救命措置をすることが出来ますが、救急救命士が出来る医療行為には制限があります。



それに対してドクタヘリは医師が乗っておいるため、いち早く患者に本格的な救急治療を始めることが可能です。

ちなみに救急車で患者を搬送する救急業務は消防庁ですが、ドクタヘリは厚生労働省の主幹事業になっています。

ヘリは365日スタンバイしていますが、出勤時間は8時半ごろ〜日没前までとなっているため夜中などには利用できない為、ヘリと救急車を両立しなくてはいけません。
それに全国に配備されているわけではないので、まだまだ課題は残っていますが、救命率や社会復帰率を考えると有効な搬送・医療行為の一つと言えるでしょう。